日本一のワケ

日本一の焼肉の街・飯田

IIDA


焼肉の街・飯田市

飯田市は人口1万人当たりの焼肉店舗数が5.31軒で、全国の市の中で最も焼肉店が多い街です。
飯田の焼肉は、牛肉や豚肉などの南信州で育てられた上質なお肉や、古くから親しまれているマトンやモツなど、地域で幅広く根付いています。飯田下伊那は県下でも畜産が盛んな地域で、生産者がこだわりを持った飼育方法により、南信州牛や多数の銘柄豚として地域外でも認知されています。

1万人当たり焼肉店舗数・上位10市

順位都道府県市町村焼肉店舗数
(軒)
人口
(人)
1万人当たり
焼肉店舗数(軒)
1長野県飯田市55103,4725.32
2高知県宿毛市1121,3095.16
3北海道砂川市917,5635.12
4北海道北見市59119,8414.92
5沖縄県石垣市2247,6864.61
6石川県野々市市2351,8094.44
7岡山県新見市1230,0084.00
8北海道紋別市922,9643.92
9北海道滝川市1641,4873.86
10北海道深川市821,8473.66
※焼肉店舗数:2017 年1月末時点、NTTタウンページ調べによる
※人口:2017 年1月末時点、各自治体の住民基本台帳による

本当に飯田市の焼肉店は55軒?

飯田市内には、NTTタウンページに焼肉店として登録されていなくても、焼肉が食べられるお店がまだまだあります。飯田市内では現在、約80軒のお店で、焼肉を食べることができます。
※焼肉研究会調べ